ホーム > 会社情報 > ニュースルーム > お客さま情報の流出に対する弊社対応について

お客さま情報の流出に対する弊社対応について

平成21年4月17日

各位

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

弊社元社員が個人のお客さまの情報を不正に取得し、名簿業者にその情報を売却するという事態が発生したことを受け、弊社では、まずお客さま対応を第一に考え、緊急対策本部を設置して対応して参りました。

現時点での取り組みと調査状況につき、以下のとおりご報告いたします。

お客さま情報流出対策本部の設置

弊社は、4月14日、取締役社長 秋草 史幸を本部長とする「お客さま情報流出対策本部」を設置し、江尻 隆 弁護士、國廣 正 弁護士、および情報セキュリティ分野の専門家に参加いただき、多様な視点から対応策への提言をいただくことにいたしました。
当対策本部は、本件に関するお客さま対応に万全を期すとともに、事実解明を行うため、第三者による徹底した調査を行い、再発防止策を策定、お客さまからの信頼回復に努めて参ります。

名簿業者等への対応

元社員からお客さま情報を入手した名簿業者3社が当該名簿を販売した先は、当初13社とご報告していましたが、その後の調査で14社であり、他にサンプルのみを受け取った業者が現時点で15社あることが判明しています。また、お客さまから頂戴した情報から、弊社のお客さま情報を入手した可能性がある業者も50社程度ございます。
これらの業者に対しては、弊社お客さま情報を利用した勧誘の停止と、勧誘リストからの削除を求めるとともに、弊社の代理人弁護士から警告書を送付し、事態の収拾に努めております。

その他

弊社は、その後も調査を継続しておりますが、警察の捜査中であり、発表は差し控えさせていただきます。

ご迷惑をかけたお客さまには、改めてお詫びを申し上げます。

弊社は今後も引続き、警察等、関係機関と相談しながら事実の解明に努めるとともに、再発防止策を策定し、お客さまの信頼回復に努めて参りますので、ご理解のほど宜しくお願いします。今後判明した事実については、警察と連携の上、出来る限りすみやかに公表して参ります。

以 上

 

 

本ニュースリリースのPDF版