ホーム > 会社情報 > お客さま情報流出における弊社対応について > 弊社元社員の逮捕について

弊社元社員の逮捕について

平成21年6月25日

各位

三菱UFJ証券株式会社

本日、弊社元社員が警視庁に不正アクセス禁止法違反と窃盗の容疑で逮捕されました。元社員によるお客さま情報の不正持出しにより、お客さまに関する大切な情報が名簿業者へ流出する事態となり、お客さまに多大なご迷惑とご心配をお掛けしました。誠に申し訳なく、改めて深くお詫び申し上げます。

弊社は今回の事態が発生して以降、警察の捜査に全面的に協力しつつ、「お客さま情報流出対策本部」を設置し、お客さまの被害拡大の防止を最優先に、全力で取り組んでまいりました。「お客さま情報流出対策本部」立ち上げ後、社外の有識者、専門家による調査委員会を設置し、外部の専門調査機関も交え、第三者による徹底した事実調査、原因究明に努め、既に調査委員会がまとめた「調査報告書」により、事実、原因およびそれに基づく再発防止策の提言を受けております。

なお、これまで捜査協力のため公表を差し控えておりましたが、社内調査及び調査委員会の調査により、先に公表したお客さまの情報以外に、弊社が社外から継続的に購入している一般情報の持出しが判明しております。

弊社は、調査委員会からの再発防止策の提言を基に、既に導入済みの対策も含め、弊社としての抜本的な再発防止策の策定をすすめており、具体的な内容につきましては、策定後、改めて公表いたします。
なお、調査委員会による再発防止に向けての提言は、次の7つです。

  1. (1) リスク管理施策における経営陣の基本姿勢についての提言
  2. (2) 情報セキュリティ・ガバナンスに関する提言
  3. (3) 組織的・技術的コントロールに関する提言
  4. (4) 人的コントロール(教育・研修等)に関する提言
  5. (5) 各種ルールの運用実態の検証についての提言
  6. (6) 危機管理の調査実務についての提言
  7. (7) 再発防止策実施状況のモニタリングについての提言

弊社といたしましては、引き続き警察の捜査に全面的に協力しつつ、お客さまの被害拡大防止に全力で取り組むとともに、再発防止策を速やかに策定、実行していくことで、お客さまのご信頼の回復に努めて参ります。

本事案に関するお客さまの「お問い合わせ窓口」は、以下のとおりです。

お客さまお問い合わせ窓口

フリーコール フリーコール 受付時間 :平日午前9時から午後5時まで

 

 

本ニュースリリースのPDF版