ホーム > 会社情報 > ニュースルーム > お知らせ > 2017年のお知らせ > 温暖化適応ビジネスのグッドプラクティス事例募集について

温暖化適応ビジネスのグッドプラクティス事例募集について

2017年7月3日

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、経済産業省より「平成29年度気候変動適応効果可視化事業(途上国における適応分野の我が国企業の貢献可視化事業)」の委託を受け、本事業の一環として、ビジネス事例を募集いたします。

温暖化への適応策には、国連による持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)達成にも貢献する重要な活動が含まれ、貴社の環境・社会貢献活動を国内外で発信する機会につながりますので、奮ってご応募ください。

本文は、PDFにてご確認下さい。

募集要項

1. 該当する事例

以下の全てに該当する事例を募集します。

(1) 7つの分野のいずれかに該当する活動(複数の分野に該当するケースも可)

  • 自然災害に対するインフラ強靭化
  • エネルギー安定供給
  • 食糧安定供給・生産基盤強化
  • 保険・衛生
  • 気象観測及び監視・早期警戒
  • 資源の確保・水安定供給
  • 気候変動リスク関連金融

(2) 日本企業の貢献がある活動

(3) 開発途上国で実施されている活動

2. 募集期間

2017年7月3日~2017年8月31日

3. 応募フォーム請求先・問い合わせ先等(事務局)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 クリーン・エネルギー・ファイナンス部
担当:新地
E-mailアドレス: cefc-info@sc.mufg.jp

4. 留意点

  • ご提出いただいた事例は、提出者とご相談の上、事務局が文章を編集する場合があります。
  • 適応グッドプラクティス集に掲載される事例は、「気候変動適応情報プラットフォーム」ウェブサイトでの公表の対象となります。
  • 応募フォームについて、Power Pointファイルは、別途電子メールにて送付いたしますので、「3. 応募フォーム請求先・問い合わせ先等(事務局)」へご請求ください。