クオンツ/テクノロジー インターンシップ

クオンツ/テクノロジー インターンシップでは金融専門職を体験できる2コースを用意しています。

実施期間 【クオンツコース】
① 2018年2月  5日(月)~ 2月  9日(金)
② 2018年2月19日(月)~ 2月23日(金)
③ 2018年2月26日(月)~ 3月  2日(金)

【テクノロジーコース】
④ 2018年2月  5日(月)~ 2月 9日(金)
⑤ 2018年2月26日(月)~ 3月 2日(金)

※各回とも8:40 ~17:10(休憩1時間)× 5日間
開催地 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 本社
〒100-8127 東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
プログラム内容 講義と課題の二軸で、クオンツ業務やテクノロジー開発業務についての理解を深めていただきます。

【講義】 ※両コース共通
□ 証券ビジネスの概観
□ クオンツ業務に関する説明と金融工学の基礎的な講義
□ デリバティブ評価システム開発業務に関する説明
□ エクイティトレーディングビジネスと代表的な執行アルゴリズムに関する説明
□ トレーディング部署やリスク管理部署等の現場見学

【課題】
下記のようなテーマに取り組み、その成果を社員に対してプレゼンテーションしていただきます。
□ クオンツコース課題例
・デリバティブの時価評価モデルの高度化策を提案
・デリバティブのリスク量の分析
□ テクノロジーコース課題例
・デリバティブ評価システム開発体験
・執行アルゴリズムのロジック考案とパフォーマンス分析
・マーケットデータとデータサイエンス技術を利用した分析
※プログラムは事前の連絡無く変更となる可能性があります。
応募資格 大学院修士課程または博士課程に在籍する学生で、いずれかの回に全日程参加可能な方。
※全専攻対象。金融に関する知識は問いません。
応募締切日 一次締切:2017年12月11日(月)10:00
最終締切:2018年  1月  9日(火)10:00
※一次締切にご応募いただいた方には、面接予約の際に優遇対応をさせていただきます。
募集人数 各回とも若干名
応募方法 エントリーボタンよりご応募ください。
その際、上記「実施期間」の①~⑤より希望の日程・コースをお選びください。
※複数選択可能。両コースにまたがる選択も可能です。(参加は1つのみ)
※コースの希望は最大限配慮しますが、希望に沿えない場合もございます。
選考方法 応募締切日までに、マイページにてエントリーシートの提出およびWEB適性検査の受検をお願いいたします。
書類選考の結果、面接に進んでいただく方には個別にご案内申し上げます。
※面接は東京にて実施予定ですが、遠隔地の方とは電話面接となることがあります。
報酬・交通費 ・報酬は支給いたしません。
・交通費は「関東圏外からお越しの方」のみ実費支給します。
・宿泊が必要な参加者には、宿泊施設をご用意します。
・昼食は弊社にてご用意いたします。
備考 弊社のインターンシップは就業体験の提供が目的であり、採用選考活動とは関係ありません。
クオンツ インターンシップ エントリー受付はこちらから

これまで開催したインターンシップのプログラムの一例

1日目: デリバティブビジネスとクオンツ業務に関する説明
金融工学の基礎についての講義
課題内容説明・取り組み開始
2日目: トレーディング業務説明(現場見学)
課題取り組み
3日目: デリバティブIT業務説明(現場見学)
課題取り組み
4日目: リスク管理業務説明(現場見学)
課題取り組み
5日目: 課題取り組み
取り組んだ課題のプレゼンテーション、社員とのディスカッション
社員との懇親会(自由参加)

今までの参加者からの声

■取り組んだ課題で興味を持った点

手計算で成り立つはずだと予想した結果が実際にモンテカルロ計算で再現できた点。

計算精度と計算コストに対してトレードオフがあり、それをどのように分配するアルゴリズムをとるべきか、という点が特に興味深かったです。

■インターンシップに参加する前と後で、クオンツ業務に対する見方が変わりましたか

研究で使っている知識や技術が仕事の基礎として使えるということがより強く思えるようになりました。その上で会社で働いているということで利益を上げられるよう頭を研究から変えるのが重要だと強く思いました。

検証を重ねるごとに様々なアプローチが考えられることが分かり、研究に非常に近い思考法をするのだなと感じた。

■講義は興味の持てる内容でしたか

自分の頭で考えることが多く要求される。非常にやりがいがある課題であったし、クオンツとして働くイメージをダイレクトに体験することができた。

机上の計算で導いた結果を数値計算で確かめるという流れを多く体験することができ、満足感が得られる内容だった。

アカデミックな雰囲気が思っていたよりも強かった。

■関連部署の現場見学の感想

クオンツ業務との関係(モデルの承認など)の実際のところをかなり詳しく説明して頂けて良かったです。

クオンツ インターンシップ エントリー受付はこちらから