ホーム > 会社情報 > サステナビリティ > ガバナンス > ガバナンス体制

ガバナンス体制

取締役会・監査役会

取締役会の活性化と経営の透明性向上を図るため、現在、取締役15名のうち、6名を社外取締役として選任しています。
また、4名の監査役 (うち社外監査役2名) で構成する監査役会が、取締役による職務執行の適正性を監査しています。

主要会議

取締役会が業務執行の基本方針を決定し、取締役の職務執行を監督することに運営の比重を置き、「経営会議」が経営全般や業務執行に関する重要事項を、「リスク管理会議」がリスク管理などに関する重要事項を審議・決議することによって、意思決定の迅速化を図っています。

2016年6月27日現在

コンプライアンス

経営会議の諮問機関として、社外弁護士もメンバーとした「コンプライアンス委員会」を設置し、役職員が一体となりコンプライアンスの徹底に取組んでいます。

反社会的勢力の排除に関する取組み

反社会的勢力については、経営トップ以下組織全体として警察等外部専門機関との連携強化により、関係を遮断すべく毅然とした態度で対応しています。

情報セキュリティ管理

当社は個人情報保護方針の遵守やシステム面における監視態勢の強化等を通じ、お客さま情報の保護に万全を尽くしています。