ホーム > 投資がはじめての方へ > 投資をはじめてみよう > 株式投資のはじめ方 > ご注文の流れ

ご注文の流れ

口座開設後、店舗やオンライントレード・テレフォントレードをご利用いただき、株式のご注文をいただく流れをご紹介します。

銘柄を選ぶ

まずは銘柄を選びます。
銘柄を選択する際には、株価、銘柄情報、市況動向、経済動向をチェックすることが大切です。

注文内容を決め、発注する

銘柄を決定する

銘柄名または証券コードでご指定ください。

リスクを確認する

注文に伴うリスクや注意事項をご確認ください。

注文内容を指定する

注文内容をご指定ください。

売買の別 「買い」か「売り」を指定します。
市場 特に指定がない場合は売買高の多い「優先市場」での執行となります。
注文数量 銘柄ごとに決められている売買単位の整数倍で指定をします。
値段 「指値(さしね)」か「成行(なりゆき)」を選びます。
「指値」と「成行」の違い
執行条件 値段に加えて、執行条件を追加することができます。
(指値出来ず引け成行・寄付・前場引け・後場寄付・大引け)
執行条件について
注文の有効期限 注文は最長11営業日まで指定することができます。
  • 注) NISA口座でのご注文の場合は最長7営業日までとなります。
預り区分 特定口座をご契約のお客さまは、注文ごとに「特定預り」「非特定預り」を選択できます。

発注する

注文内容をご確認のうえ、発注します。

「競争売買の原則」を知っておこう
証券取引所での売買は、売買の成立に関する基本的な原則である「競争売買の原則」に基づいて行われます。「競争売買の原則」とは、価格優先の原則と時間優先の原則から成り立っています。
・価格優先の原則
成行注文は指値注文より優先されます。また指値の買い注文の場合、より高い値段の注文が優先されます。一方、売り注文の場合はより安い値段の注文が優先されます。
・時間優先の原則
同じ値段の注文の場合、証券取引所で受け付けた時間が早い注文から約定(売買が成立)します。

注文結果を確認する

注文結果は、お取引店またはオンライントレード・テレフォントレードでご確認ください。 お取引が成立しましたら、お取引内容を記載した「取引報告書」を交付いたしますので、必ず内容をご確認ください。
報告書類は、郵送に代えてインターネット上で閲覧することもできます。

入金をする

4営業日目のご精算日(受渡日)までにご入金ください。
初回のお取引、オンライントレード・テレフォントレードでのお取引については、注文前にあらかじめ概算金額を口座にご入金が必要です。

精算はいつ行われる?
株式の精算(受渡)は、売買が成立した日を含め4営業日目に行われます。
4営業日目とは、土曜日・日曜日・祝日を除く通常営業日の4日目ということです。

4営業日目のイメージ

配当金等のお受け取り

株主になると、企業より利益の一部が配当金として配分されます。
また、企業によっては配当金とは別にさまざまな“株主優待”が受けられます。

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。