ジュニアNISA

NISAトップ > ジュニアNISA

ジュニアNISAとは

2014年からスタートした少額投資非課税制度「NISA」は20歳以上が対象ですが、2016年からスタートした「ジュニアNISA」は、19歳以下を対象としたものです。お子さま・お孫さまの将来のための投資を5年間あるいは20歳まで、非課税で行うことができます。

ジュニアNISA口座開設手続きの流れ

NISAとは異なる5つのポイント

  • Point1 0〜19歳の個人が利用可能
  • Point2 年間投資上限額は80万円
  • Point3 18歳までは払出しに制限
  • Point4 口座開設期間終了後も20歳までは非課税で運用可能
  • Point5 20歳になったらNISAへ
イラスト

ジュニアNISAのイメージ

制度のイメージ

  • *1 ジュニアNISA制度上、運用管理者は二親等以内の親族となりますが、当社においては、親権者(法定代理人)に限定させて頂いております。
  • *2 災害等やむを得ない場合には、非課税での払出しが可能
  • *3 3月31日現在で18歳である歳の1月1日以降(一般に、高校3年生の1月1日以降)

Point1 0〜19歳の個人が利用可能

  • 口座開設年の1月1日に19歳以下の方が対象
    ジュニアNISA口座を開設できるのは、その年1月1日現在で0歳〜19歳の居住者等です。
    20歳以上の方は、NISA口座の対象です。
  • 1人1口座はNISAと同じ
    ジュニアNISA口座は、NISA口座と同様に1人1口座のみ開設できます。複数の金融機関で開設はできません。
  • 金融機関の変更はできない
    NISA口座と異なり、金融機関の変更はできません。どちらの金融機関で開設するか、じっくりとご検討ください。

Point2 年間投資上限額は80万円

  • 年間投資上限額は80万円
    NISAの年間投資上限額は120万円(2015年までは100万円)ですが、ジュニアNISAは80万円です。
    NISAと同様に、最長5年間は非課税で投資できるので、非課税投資枠は総額最大400万円(80万円×5年)になります。
  • ロール・オーバー
    5年間の非課税期間が終了した時点で保有している上場株式等を継続して非課税対象としたい場合には、終了時の時価80万円を上限に、翌年設定される非課税投資枠へ繰り越すこと(ロール・オーバー)ができます。また、繰り越しを行わず、新たな銘柄に投資をすることもできます。

Point3 18歳までは払出しに制限

  • 売却代金・配当等は、「払出し制限付き課税口座*」で管理
    ジュニアNISA口座で保有する上場株式等から発生した配当金・分配金、売却代金等やロール・オーバーを行わなかった上場株式等は、払出し制限付き課税口座で管理されます。
    • * 日本証券業協会の資料などでは「課税ジュニアNISA口座」と表記されています
  • 18歳までは払出しに制限
    ジュニアNISA口座及び、払出し制限付き課税口座で保有する上場株式等や金銭は、原則として、その年3月31日現在で18歳である年の前年12月31日までは払出すことができません。
  • 途中で払出す場合は、過去の利益全てに対して課税
    上記の期間の途中で払出す場合には、過去の利益に対して遡って課税されます。ただし、災害等やむを得ない場合等には、非課税扱いでの払出しが可能です。

Point4 口座開設期間終了後も20歳までは非課税で運用可能

  • 「継続管理勘定」にロール・オーバー
    ジュニアNISA口座の開設期間は、2023年で終了します。ただし、2024年から2028年の年初において、5年間の非課税期間終了時に保有する上場株式等は、時価80万円を上限に継続管理勘定へロール・オーバーできます。継続管理勘定では、その年1月1日現在で20歳である年の前年12月31日まで、非課税での運用を続けることができます。
  • 継続管理勘定にも制限
    継続管理勘定では売却は可能ですが、新規買付を行うことはできません。また、配当金・分配金・売却代金等は、18歳まで*払出し制限付き課税口座で管理されます。
    • * 3月31日現在で18歳である年の前年12月31日(一般に、高校3年生の12月31日)まで

口座開設期間終了後も20歳までは非課税で運用可能

  • *1、*2 上場株式等を購入し、最長5年間の非課税運用が可能な勘定を非課税管理勘定といいます。一方、非課税管理勘定で最長5年間保有した上場株式等を受け入れ、20歳になるまで(1月1日現在で20歳である年の前年12月31日まで)非課税で運用できる勘定を継続管理勘定といいます。

Point5 20歳になったらNISAへ

  • 20歳になったらNISA
    2022年までに20歳になった場合、その翌年からは特別な手続きなしに、ジュニアNISA口座を開設していた金融機関でNISA口座を利用することができます。
  • NISA口座へのロール・オーバー
    ジュニアNISA口座で運用中に20歳になった場合、5年間の非課税期間終了時の時価120万円を上限に、NISA口座へロール・オーバーすることができます。

NISA口座へのロール・オーバー

  • 注) 上記の例では、2016年3月現在で18歳になっているため、制度利用当初より、払出制限はありません。

制度のイメージ

制度のイメージ

非課税管理勘定
:非課税口座のうち、上場株式等を購入する勘定
継続管理勘定
:非課税口座のうち、非課税管理勘定で最長5年間保有した上場株式等を受入れる勘定
  • * 1月1日現在で20歳である年の前年12月31日まで

NISAとの比較

NISAとの比較

  • *1 いずれも口座開設年の1月1日現在
  • *2 3月31日現在で18歳である年の前年12月31日(一般に、高校3年生の12月31日)まで。
    制限に反して払出した場合には、それまでの利益全てに対し課税されます。(災害等やむを得ない場合を除く)
  • *3 1月1日現在で20歳である年の前年12月31日まで

手続きの流れ

ジュニアNISA口座開設手続きの流れ

 マイナンバー制度についてはこちら

ジュニアNISA口座のお申込みについて

「ジュニアNISA」に興味をお持ちになられたお客さまは、
最寄りの営業店までぜひお気軽にご相談ください!

最寄りの営業店はこちらから

ジュニアNISAに関するご留意事項

  • ジュニアNISA口座は、全金融機関等を通じ1人1口座しか開設できません。また、NISAと異なり、金融機関等の変更はできません。
  • ジュニアNISA口座(払出し制限付き課税口座を除きます)の損失は、通常の課税口座(一般口座や特定口座)で保有する有価証券の売買益や配当等との損益の通算はできません。また、損失の繰越控除もできません。
  • ジュニアNISA口座で保有している有価証券を売却しても、非課税投資枠の再利用はできません。また、年間80万円までの非課税投資枠に未使用分があっても、翌年以降に繰越すことはできません。
  • ジュニアNISA口座で保有している上場株式等の配当等を非課税にするためには、配当等の受取り方式を「株式数比例配分方式」にする必要があります。
  • 投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は、ジュニアNISA口座での保有であるかどうかにかかわらず非課税です。その上で、購入時には非課税投資枠を使用しているため、非課税メリット活用という点では不利になります。
  • 18歳まで*は、原則として払出すことができません。それ以前に払出す場合には、ジュニアNISA口座は廃止され、過去に非課税とされた配当等や譲渡益に対して課税されます。なおその課税の計算において、ジュニアNISA口座内での配当等と譲渡損の通算もできません。
    ただし、災害等やむを得ない場合等には非課税扱いでの払出が可能です。
    • * 3月31日現在で18歳である年の前年12月31日(一般に、高校3年生の12月31日)まで
  • ジュニアNISA口座の運用管理は、原則として親権者等(両親または未成年後見人)が代理しておこないます。

<上記の内容は、2016年3月現在の情報に基づいて作成しております。>