世界の経済・市場概況

運用先を世界に求めると、選択肢は大きく広がります。

インド|通貨:ルピー

約12億人の人口を擁し、若い人口構成から将来人口世界一になると予測されるインド。今後の経済成長が期待されます。

面積 328万7,469平方キロメートル(インド政府資料:パキスタン、中国との係争地を含む)(2011年 国勢調査)
人口 12億1,057万人(2011年 国勢調査)
首都 ニューデリー

(出所) 外務省ホームページ

実質GDP成長率 - %
【図】実質GDP成長率 - %
名目GDP総額 - 兆米ドル
【図】名目GDP総額 - 兆米ドル
一人あたりGDP (名目) - 米ドル
【図】一人あたりGDP (名目) - 米ドル
経常収支の対GDP比率 - %
【図】経常収支の対GDP比率 - %
株式市場時価総額 - 兆米ドル
【図】株式市場時価総額 - 兆米ドル
為替レート(年間・期中平均値、対円レート)
【図】為替レート
  • 日本
  • インド

(出所) 以下をもとに当社作成

  • 実質GDP成長率、名目GDP総額、一人あたり名目GDP、経常収支の対GDP比率は2017年。IMFの2017年10月版データベースより
  • 株式時価総額は2017年10月末時点、Bloomberg
  • 為替レートは2016年9月〜2017年9月の期間平均、QUICK

インド|通貨:ルピー

BRICSの一角。世界第2位となる人口が生産力としても市場としても注目を浴びており、2024年頃には、人口が世界第1位になるとの試算もあります。名目GDPは2兆米ドルを超えるものの、人口から見るとまだ低水準で低所得国に分類されます(世界銀行による)。IMFによると2015年には中国の経済成長率を抜き、その後も高い成長率を継続する予測です。課題は、インフラの整備。生産年齢人口の比率が高い、いわゆる人口ボーナス期の期間に経済を発展軌道にのせられるかどうかが重要です。改革論者であるモディ首相の「モディノミクス」によるインフラ整備と、著名経済学者であるラジャン中銀総裁の手腕に期待がかかります。

2017年8月16日
インド:景況感指数の低下と利下げ[ 502KB ]

口座開設はこちら

最新のレポートをご覧になりたい方

口座開設およびオンライントレードをご契約いただくと、最新のレポートをご覧いただけます。

  • 中国
  • ロシア