運用を選んだら、あとは委ねるだけでいい。 スマラップ 特設サイト

  • やってみよう!スマラップ簡易診断
  • やってみよう!スマラップ簡易診断
  • 現在の基準価額をご覧いただけます

スマラップトップ > 「ラップ型ファンド」とは?

今、求められる「ラップ型ファンド」

インフレリスクが台頭し、「貯蓄から投資へ」の流れが顕著に。

長らくデフレに苦しんできた日本経済ですが、日本銀行は2%の物価上昇率の目標を設定し、インフレへの転換を目指した金融政策を打ち出しています。目論見通りインフレ基調へと転換した場合、現金の価値は目減りしていってしまうため、「資産を守るための運用」を行う必要性がありそうです。加えてこれからの時代は、市場環境の変化に対応するためのさまざまな資産を組み合わせた運用が重要と言えそうです。

インフレ率2%が5年間続くと… インフレが進むと現金、預金は実質的に目減りしてしまいます。

プロにある程度運用を任せられるラップ口座等の人気が高まる。

「資産を守るための運用」の必要性が注目される昨今、投資の知識に自信がないなどの理由から、運用をプロに任せられるラップ口座の人気が高まっています。また、減少傾向にあった株式や債券など複数の資産で運用を行う投資信託の残高も、ここ数年は回復してきています。中でも、資産配分を固定せず、市場環境に応じてファンドマネージャーが資産配分の調整を行う「マルチアセットファンド」が人気を集めています。

これらのような、資産運用を「委ねたい」「任せたい」というニーズの高まりを受けて、新たに登場したのが「ラップ型ファンド」です。

ラップ口座残高

出所:日本投資顧問業協会「統計資料」のデータをもとに当社作成

「ラップ型ファンド」の特長とは?

ラップ口座とマルチアセットファンドの魅力をあわせもつファンド。

下図のように、「ラップ型ファンド」は、経験豊富なプロのファンドマネージャーが運用に関する助言を行いますが、ファンドであるため手軽に利用できる点が魅力です。運用報酬は一般的な公募ファンド程度で、購入時手数料も無料または低率に設定されているため、保有にあたってのコスト面も負担が少ない作りになっています。

ラップ口座の魅力 各個人のキャッシュフロー、投資に対する考え方などから、投資スタンスを決定し、運用はプロに任せる。特殊な運用も可能だが、人気の中心はインデックス型投信を対象としたファンド・ラップ。

マルチアセットファンドの魅力 運用はプロのファンドマネージャーに委託。ラップ口座と比べ、一般的に運用コストは割安。(ただし購入時手数料あり)少額から投資が可能。

ラップ型ファンドの魅力 安定型、成長型など、個人の運用スタイルに合わせたコース選択が可能。ラップ運用経験のあるプロのファンドマネージャーが助言。運用報酬は一般的な公募投信程度で、募集手数料はゼロまたは低率。

こんな方におすすめ

  • 投資の知識に自信がなく、経験豊富なプロに、ある程度運用を任せたい。
  • 忙しくて、自分で資産分配を考えて運用する時間がなかなか取れない。
  • 投資環境が急に変動した時の対応が不安だ。
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の投資顧問部が運用をサポート スマラップの詳しい特色はこちらから!
  • やってみよう!スマラップ簡易診断
  • やってみよう!スマラップ簡易診断