ホーム > 商品情報 > 株式 > REIT > REITの用語と指標

REIT

REITの用語と指標

REITの用語

REITでは、投資法人や投資主という言葉が出てきますが、投資法人が投資者から出資を募り投資口を発行するという点は株式会社と同じです。
ここでは、REITと株式の用語を対比して表示しました。

  • 注) REITは大きく分けて会社型投資信託(投資法人)と契約型投資信託の2つに分類されますが、現在、上場しているREITはすべて会社型投資信託になります。
REIT 株式
投資法人 株式会社
投資口 株式
投資口価格 株価
投資証券 株券
投資主、投資主総会 株主、株主総会
分配金 配当金

REITの指標

REITは不動産という実物資産に投資をしており、その特殊性からREIT独特の分析・評価方法があります。

指標 解説
安全性 修正PBR 割安・割高を判断する指標にPBRがあります。現在の株価が1株当たり純資産の何倍まで買われているかを示し、数値が低いほど割安であると判断します。一般的にPBRが1倍を下回っている場合は、企業が解散した場合でも、保有資産を処分することにより投資額を回収できる可能性が高いことを意味します。修正PBRとは、通常のPBRを算出する際の純資産額(簿価)に、含み損益を加えて修正した純資産額(NAV:Net Asset Value)によりPBRを算出します。
(修正PBR=投資口価格÷1口当たりNAV)
FFO倍率 FFO(Funds From Operation)とは、不動産売却損益を除いた純利益に、減価償却費を加算した金額で、本業からどれくらい現金を稼いだかを判断する指標です。FFO倍率とは、投資口価格が1口当たりFFOの何倍まで買われているかを見る指標で、一般的に数値が低い方が割安と判断されます。
(FFO倍率=投資口価格÷1口当たりFFO)
配当性 分配金利回り 年間分配金が現在の投資口価格の何%に相当するかを示します(税引前)。REITの場合年2回分配の銘柄が大半を占めています。
財務健全性 LTV比率 LTV (Loan To Value)とは、資産総額に対して有利子負債額の占める比率のことです。一般的には 数値が低いほど安全度が高く、数値が高いほどレバレッジを効かせて高収益・ハイリスクとなります。
(LTV比率=有利子負債÷総資産×100)
その他 アセットタイプ 保有している不動産のタイプをいいます。収益源であるテナントとの賃貸借契約はアセットタイプにより異なる傾向があり、景気に対する影響度が異なります。
スポンサー 資産運用会社の株主で、REITの立ち上げを主導する企業をスポンサーといいます。REITの成長・発展には、スポンサーのサポートが不可欠であり、スポンサーの信用力と資産運用会社の運営能力が非常に重要視されます。

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。