ホーム > 商品情報 > 株式 > 株式累積投資「株式るいとう」 > ドルコスト平均法

株式累積投資「株式るいとう」

ドルコスト平均法

一定金額で投資を続けることで、安いときに多く高いときに少なく買う

「株式るいとう」では継続して一定金額を投資するとことで、一定の株数を買い続けるよりも平均買付単価を低く抑えることができます。この投資テクニックは「ドルコスト平均法」と呼ばれています。ドルコスト平均法を使えば、株価が高いときは少ない株数、株価が安いときは多い株数を購入することになるので、長い目でみれば平均買付単価を引き下げることになります。売買タイミングでお悩みの方に適した投資テクニックのひとつといえるのです。

ドルコスト平均法は特に長期の投資に向いています。それは長期間にわたってより幅広い価格で株式を購入することができ、結果的に購入単価を引き下げる効果があるからです。ただし、ドルコスト平均法は個別銘柄の株価変動リスクを防いでくれるものではないということを覚えておいてください。

株式投資である以上、買付けた株式で利益が出ることもありますが、損失となるリスクもあります。最終的な投資結果はどの銘柄に投資するかに左右されます。銘柄の選び方は重要です。

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。