本日の株式市況

アフタヌーン・コメント

◆27日前場の日経平均は続伸。前日の米国株式市場は主要3指数そろって上昇。日経平均は前日比23円安で寄り付いた。寄り後は安値を付けた後、堅調な企業業績が支えとなり、日経平均はプラス圏に転じた。ただし、1ドル=110円台後半の円高水準が重石となる中、日経平均の上値は限られた。日経平均の前場終値は20093.41円(前日比+43.25円)、TOPIXは1627.23ポイント(同+6.35ポイント)。東証1部の値上がり銘柄数は1166(全体の57.7%)、値下がり銘柄数は665(同32.9%)。売買高は8億6314万株、売買代金は1兆1499億円(概算)。新興市場では日経JQ平均は7日続伸、東証マザーズ指数は3日ぶり反落。東証REIT指数は1691.58ポイント(同+9.24ポイント)と反発。

◆東エレクやスクリン、ディスコなど半導体関連がしっかり。村田製、アルプスなど電子部品関連も高い。JALなど空運株や、菱地所など不動産株も買われた。明治HDやサッポロHDなど食品・飲料株も堅調。反面、米長金利低下を受けて、みずほなど銀行株や、第一生命など保険株が売られた。前日の急騰の反動でコマツや日立建など建機株が下落。川崎船など海運株も安い。個別では、好決算を発表した日電産や任天堂が急伸。反面、東芝が前日の取締役会で半導体事業の売却方針で合意できなかったことが嫌気され、大幅反落となった。

◆TOPIX業種別株価指数(33業種)はその他製品、不動産、空運など29業種が上昇、銀行、海運、保険など4業種が下落。東証1部の高値更新銘柄はJINS、トリドールHD、OLC、セブン銀行、東宝など128銘柄。安値更新銘柄はLIXILビなど5銘柄。

インターネットトレードでは、次の情報サービスをご利用いただけます。

リアルタイム株価 ランキング 投資レポート
スクリーニング機能 米国株式情報 チャート
企業情報 企業四季報 約定通知メール
香港株式情報 テクニカルチャート 経済ニュース
株価ボード 株価通知メール

投資情報レポートのご利用にあたりご注意ください

投資情報レポートのご利用に際しては、下記ボタンにてご案内する注意事項をお読みください。