ホーム > オンライントレード・テレフォントレード > Probo(ロボアドバイザー)

Probo(ロボアドバイザー)

Proboとは?

「Probo」(ロボアドバイザー)(プロボ、以下「Probo」)は、人工知能(AI)を活用して開発したロボアドバイザーがお客さまの回答を分析し、リスク許容度を診断するサービスです。三菱総合研究所と共同開発した診断ロジックを用いて、「普段行っているスポーツは?」「歴史上好きな人物は?」など、従来のロボアドバイザーには見られないユニークな質問への回答を基に、特定の投資信託を活用した資産運用方法に関する参考情報をご提示します。Proboはインターネットトレード及びスマートフォンサービス(WEB)にログインしてご利用いただけます。

Proboの特徴

Proboはお客さまの生活スタイルから運用商品をご提案します。Proboの診断ロジックは生活者約30,000人を対象とした2,000項目に及ぶアンケートデータをもとに、三菱総合研究所が構築した人工知能AIモデルがベースになっています。

質問に答えて適正診断 運用のプロによるご提案 ファンド探しのお手伝い

よくあるご質問

Proboに関する「よくあるご質問」はこちらをご覧ください。

ご利用イメージ

表示された質問に答えていくだけで、最適な投資スタイルを診断いたします。中には従来のロボアドバイザーには見られないユニークな質問もあり、意外な診断結果となるかもしれません。洗練されたインターフェースで、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット端末からもご利用いただけます。

Proboトップページ

Proboトップページ

質問画面例

質問画面例

診断結果画面例

  • 診断結果画面例

  • 過去チャート 将来チャート

  • ファンドタイプ選択

ご利用にあたって

Proboはインターネットトレード及びスマートフォンサービス(WEB)でご利用いただけます。

Proboご利用手順(インターネットトレードの場合)

Proboご利用手順

  • スマートフォンサービス(WEB)の場合は、メインメニューの[投資情報]からご利用いただけます。
  • Proboのご利用には、当社でのお取引口座と、オンライントレードのお申込みが必要です。*
  • 金融商品仲介口座ではProboをご利用いただくことができません。
  • * お取引口座の開設、オンライントレードのお申込みは、手続き完了までに所定の日数がかかります。お早めのお申込み・お手続きをお願いいたします。お手続き方法はこちらをご覧ください。

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。