ホーム > マーケット情報 > 本日の株式市況

本日の株式市況 本日の株式市況

アフタヌーン・コメント

23 日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比204円86 銭(0.70%)安の2万8983 円31 銭で終えた。前日の米株式相場が下落した流れを引き継ぎ、朝方から売りが優勢だった。下げ幅は朝方に400 円を超える場面があった。
米バイデン政権が、富裕層を対象にキャピタルゲイン課税の税率を約2倍に引き上げる方針との報道を受け、前日の米株式市場の3主要指数がそろって下落した。増税前の換金売りへの懸念から東京市場でも幅広い銘柄に売りが波及し、指数を押し下げた。
2万9000 円を下回る水準で押し目買いも入り、下げ渋った。「新型コロナウイルスワクチンの接種ペースの遅さなどを踏まえても、最近の日本株は米国株に比べて出遅れ感が強かった」(三菱UFJ国際投信の石金淳チーフファンドマネジャー)との指摘があった。
新型コロナを巡っては、政府が東京など4都府県を対象に緊急事態宣言の発出を今夕に決定する見通し。ただ、当面の悪材料を織り込んだとの見方から鉄道株や百貨店株の一角には買いもが入った。
JPX日経インデックス400 と東証株価指数(TOPIX)も反落した。
前引け時点の東証1部の売買代金は概算で9795 億円、売買高は4億7873 万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1172、値上がりは889、変わらずは118 だった。
スクリンやコマツ、ZHDが売られた。半面、ANAHDや高島屋、JR東海は高い。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

口座開設すると投資情報ツールがご利用いただけます

インターネットトレードでは、詳しい情報をご覧いただけます。

  • 注) スマートフォンサービスでは一部機能をご利用いただけません。
  • 株価ボード
    (リアルタイム・自動更新)

  • アクティブチャートプロ
    (多機能チャート)

  • 投資レポート

  • 外国株式情報
    (米国株・香港株)

  • 投資情報
    (ニュース・ランキング)

  • 会社四季報

  • 投資情報
    (マイページ・スクリーニング)

  • メール通知サービス
    (株価・ニュース・
    新値更新等・投資信託)

  • 約定連絡メール

  • 詳細な株式情報を確認して、オンライン上で取引 口座開設

投資情報レポートのご利用にあたりご注意ください

投資情報レポートのご利用に際しては、下記ボタンにてご案内する注意事項をお読みください。