ホーム > マーケット情報 > 本日の株式市況

本日の株式市況 本日の株式市況

モーニング・コメント

 27日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続落し、前日比8円54銭(0.04%)安の2万3485円80銭で終えた。欧米の新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が制限されるとの懸念が広がり、前日の欧米株が急落。東京市場でも売りが先行した。一方、業績に期待できる銘柄を中心に買いが入り相場を下支えした。
 日経平均は朝方に下げ幅が200円を超える場面があったが、売りが一巡した後は、決算発表で好業績が確認された銘柄に押し目買いが入った。今期の純利益見通しを前日に上方修正したキヤノンが8%高と急伸。ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは「キヤノンのように業績が堅調なのに株価が割安に放置されている銘柄を物色する『見直し買い』が広がった」と指摘した。
 日本の取引時間中に米株価指数先物が堅調だったことも日本株を支えた。市場からは「欧米に比べて日本では感染者数や死者数が少ないことも投資家には安心材料となったようだ」(国内運用会社のストラテジスト)との声が聞かれた。
 JPX日経インデックス400は続落。終値は前日比14.73ポイント(0.1%)安の1万4553.73だった。東証株価指数(TOPIX)も続落し、1.45ポイント(0.09%)安の1617.53で終えた。
 東証1部の売買代金は概算で1兆8631億円。12営業日連続で2兆円を割り込んだ。売買高は9億4534万株だった。米大統領選の投開票を翌週に控えて様子見姿勢の投資家が多く、積極的な売買が見送られた。
 東証1部の値下がり銘柄数は903と、全体の約4割を占めた。値上がりは1190銘柄、変わらずは85銘柄だった。
 日電産は一時プラスに転じる場面があったが、下げて終わった。富士電機、ジェイテクト、三越伊勢丹が売られた。IHI、日立建機、住友重も安かった。一方、日東電は上げに転じ、ソニーや任天堂がしっかり。午後発表の決算が市場予想を上回ったHOYAが高かった。コーテクHD、エムスリーが上げた。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

 27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落した。前日比222ドル19セント(0.8%)安の2万7463ドル19セントで終えた。欧米で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、行動制限の強化による景気懸念から売りが優勢だった。来週の米大統領選に向けた持ち高調整が続いたとの見方もあった。
 ドイツのメルケル首相が新型コロナ拡大阻止のためレストランの閉鎖や大型イベントの中止を検討していると伝わり、欧州株が軒並み下落。米国でも新型コロナの新規感染者が過去最高水準で推移している。ニューヨーク市のデブラシオ市長は27日、年末休暇中に州外への旅行を避けるように住民に求めた。投資家心理が悪化し、引けにかけて下げ幅をじりじりと広げた。
 米追加経済対策の早期成立が絶望的になったことも売りを誘った。共和党上院トップのマコネル院内総務は27日、11月9日まで上院での協議を休止する方針を固めたと伝わった。
 27日朝に2020年7〜9月期決算を発表した建機のキャタピラーと工業製品・事務用品のスリーエム(3M)が下げ、ダウ平均の重荷となった。新型コロナまん延が業績を直撃する航空機のボーイング、空運のアメリカン航空グループなどの下げも目立った。
 一方、業績が新型コロナの拡大の影響を受けにくいハイテク株は上昇。前日に独ソフトウエア大手SAPの業績下方修正を受けた連想売りで下げた顧客情報管理のセールスフォース・ドットコム、ソフトウエアのマイクロソフトは反発した。
 スマートフォンのアップルやネット通販のアマゾン・ドット・コム、交流サイト(SNS)のフェイスブックも高い。半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)による買収発表があったザイリンクスは9%高となった。
 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前日比72.41ポイント(0.6%)高の1万1431.35で終えた。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

口座開設すると投資情報ツールがご利用いただけます

インターネットトレードでは、詳しい情報をご覧いただけます。

  • 株価ボード
    (リアルタイム・自動更新)

  • アクティブチャートプロ
    (多機能チャート)

  • 投資レポート

  • 外国株式情報
    (米国株・香港株)

  • kabu カルテ
    (テクニカル指標)

  • 会社四季報

  • 投資情報
    (ニュース・ランキング)

  • 株価通知メール

  • 約定連絡メール

  • 詳細な株式情報を確認して、オンライン上で取引 口座開設

投資情報レポートのご利用にあたりご注意ください

投資情報レポートのご利用に際しては、下記ボタンにてご案内する注意事項をお読みください。