ホーム > マーケット情報 > 本日の株式市況

本日の株式市況 本日の株式市況

イブニング・コメント

30 日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落し、前日比498 円83 銭(1.80%)安の2万7283 円59 銭で終えた。1月6日以来の安値となった。下げ幅は500 円を超える場面もあった。国内で新型コロナウイルスの感染に歯止めがかからず、大阪府などに緊急事態宣言が追加発令される見通しとなった。経済活動の正常化が後退する懸念が広がった。米経済指標の公表などを控えた週末の月末で持ち高調整の売りも出て相場を下押しした。
29 日に国内で確認されたコロナの新規感染者数は初めて1万人を超えた。感染力が強いとされるインド型(デルタ型)も急拡大しており、警戒感が強まっている。政府は30 日夕にも、8月2日から31 日の期間で大阪府や首都圏3県を宣言対象地域に追加することを決める見通し。東京都と沖縄県の宣言期間も31 日まで延長される見込みとなった。
29 日に発表した米アマゾン・ドット・コムの決算で増収率が鈍化したことなどをきっかけに日本の取引時間中の米株価指数先物が下落。
中国当局のネット企業への統制強化を嫌気して混乱が続いた香港株式市場でハンセン指数が大幅安となったのも回避姿勢を強めた。
東証株価指数(TOPIX)は反落し、26.35 ポイント(1.37%)安の1901.08 で終えた。JPX日経インデックス400 も反落した。
東証1部の売買代金は概算で2兆8469 億円。売買高は12 億3671万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1875 だった。値上がりは275、変わらずは40 銘柄だった。
ファナック、アンリツが大幅下落した。三越伊勢丹、任天堂も売られた。一方、商船三井が大幅上昇。キーエンス、デンソーも買われた。30 日に東証2部に新規上場したAIメカは公開価格(1920 円)を上回る1941 円で初値を付け、終値は1707 円だった。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

口座開設すると投資情報ツールがご利用いただけます

インターネットトレードでは、詳しい情報をご覧いただけます。

  • 注) スマートフォンサービスでは一部機能をご利用いただけません。
  • 株価ボード
    (リアルタイム・自動更新)

  • アクティブチャートプロ
    (多機能チャート)

  • 投資レポート

  • 外国株式情報
    (米国株・香港株)

  • 投資情報
    (ニュース・ランキング)

  • 会社四季報

  • 投資情報
    (マイページ・スクリーニング)

  • メール通知サービス
    (株価・ニュース・
    新値更新等・投資信託)

  • 約定連絡メール

  • 詳細な株式情報を確認して、オンライン上で取引 口座開設

投資情報レポートのご利用にあたりご注意ください

投資情報レポートのご利用に際しては、下記ボタンにてご案内する注意事項をお読みください。