本日の株式市況

モーニング・コメント

17 日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前日比 112 円 70 銭(0.42%)高の2万 6659 円 75 銭で終えた。原油高を受けて関連 銘柄を物色する動きが活発だった。割安感が意識される銘柄などへ の見直し買いも入った。ただ先行き不透明感は根強く、日経平均は下 げる場面もあった。
前日のニューヨーク原油先物相場が約2カ月ぶりの高値水準を付け たため、朝方からINPEXやENEOSなどの関連銘柄に買いが入っ た。資源価格の先高観から三井金や丸紅といった資源関連株の一角 にも買いが入り、指数を支えた。
政府が6月からの水際対策の緩和を検討するなか、観光庁は外国 人観光客の受け入れ再開に向けた実証事業を5月中にも始めると 17 日に発表。16 日に中国・上海市がロックダウン(都市封鎖)を6月に解 除する方針を示したこともあり、「経済活動が正常化に向けて前進する 6月を見据え、期待先行の買いが相場を支えた」(国内証券ストラテジ スト)との指摘もあった。
もっとも相場の上値は重く、日経平均は下げる場面もあった。米国の インフレ懸念は依然強く、上値追いの勢いは乏しかった。日本時間の 17 日夜に4月の米小売売上高の発表を控えているのも、持ち高を一 方向に傾けにくくした。
東証株価指数(TOPIX)は反発し、終値は前日比 3.45 ポイント (0.19%)高の 1866.71 で終えた。
東証プライムの売買代金は概算で2兆 8190 億円。売買高は 13 億 2098 万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は 1019、値下がりは 760、変わらずは 58 だった。
郵船や川崎汽が大幅高。日本製鉄や大平金、富士電機やリコーも 上げた。半面、アサヒやキリンHDが売られた。静岡銀や千葉銀も安 い。

17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比431 ドル17セント(1.3%)高の3万2654ドル59セントで終えた。朝方発表の4 月の米小売売上高が消費の堅調さを示し、消費関連株や景気敏感株 への買いを誘った。投資家心理が改善し、ハイテク株にも買いが広 がった。
4月の小売売上高は変動の大きい自動車・同部品を除くベースで前 月比0.6%増と市場予想(0.4%増)以上に増えた。消費堅調が続いてい ると受け止められ、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや映画・ 娯楽のウォルト・ディズニーなど消費関連株が買われた。
景気減速懸念がやや後退し、米長期金利は一時2.98%と前日終値 (2.88%)から大きく上昇した。利ざや拡大の見方からJPモルガン・ チェースやゴールドマン・サックスなど金融株が買われた。旅客需要の 拡大期待などから航空機のボーイングは6%高と急伸。化学のダウや 建機のキャタピラーなど景気敏感株は総じて買われた。
ハイテク株も高い。「急速な株安からの戻りが目先は続きそうなムー ドが漂い、前週までの下げ相場を主導したハイテク株が買い直された」 (ナショナル・セキュリティーズのアート・ホーガン氏)という。スマート フォンのアップルは3%高、ソフトウエアのマイクロソフトは2%高で終 えた。
ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は反発し、前日比321.732 ポイント(2.8%)高の1万1984.523で終えた。ネット通販のアマゾン・ドッ ト・コムが4%高、電気自動車のテスラが5%高と上昇が目立った。ア ナリストが投資判断を引き上げたアドバンスト・マイクロ・デバイス(AM D)は9%上げ、半導体株全般に買いが波及した。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕

口座開設すると投資情報ツールがご利用いただけます

インターネットトレードでは、詳しい情報をご覧いただけます。

スマートフォンサービスでは一部機能をご利用いただけません。

  • 株価ボード

    (リアルタイム・自動更新)

  • アクティブチャートプロ

    (多機能チャート)

  • 投資レポート

  • 外国株式情報

    (米国株・香港株)

  • 投資情報

    (ニュース・ランキング)

  • 会社四季報

  • 投資情報

    (マイページ・スクリーニング)

  • メール通知サービス

    (株価・ニュース・新値更新等・投資信託)

  • 約定連絡メール

投資情報レポートのご利用にあたりご注意ください

投資情報レポートのご利用に際しては、下記ボタンにてご案内する注意事項をお読みください。

投資情報レポートのご利用に関するご注意