GRAN GOAL <次世代型ラップサービス>

GRAN GOAL <次世代型ラップサービス>

いい人生には、いいゴールがある。私たちはそう考えます。たとえば、ずっと憧れていたことにチャレンジすること。大好きな趣味に没頭すること。家族との時間を大切にすること。人や社会のために自身の知恵や経験を使うこと。これまで歩んできた人生が一人ひとりちがうように、人生のゴールもきっと一人ひとり異なるでしょう。私たち三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、あなたと夢を語り、人生のゴールを分かち合い、これからの人生をより充実したものにしていく、そんなパートナーになりたい。GRAN GOAL。それは、あなたに寄り添う次世代型ラップサービス

いい人生には、いいゴールがある。私たちはそう考えます。たとえば、ずっと憧れていたことにチャレンジすること。大好きな趣味に没頭すること。家族との時間を大切にすること。人や社会のために自身の知恵や経験を使うこと。これまで歩んできた人生が一人ひとりちがうように、人生のゴールもきっと一人ひとり異なるでしょう。私たち三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、あなたと夢を語り、人生のゴールを分かち合い、これからの人生をより充実したものにしていく、そんなパートナーになりたい。GRAN GOAL。それは、あなたに寄り添う次世代型ラップサービス

GRAN GOALのお取り扱いには制限がございます。詳しくは最寄りの店舗までお問合わせください。

  • 注) 動画の右下にある□のマークをクリックすると動画が拡大表示されます。
  • 注) 動画の右下にある□のマークをクリックすると動画が拡大表示されます。
4つのプロセスが、ゴールへの道を確かなものにしていく。
SCROLL

1.プロファイリング 2.プランニング 3.アクション 4.レビュー

お客さま一人ひとりと目標を共有し、ゴールへの最適な運用を行うために、

GRAN GOALは4つのプロセスから構成・設計されています。

1.プロファイリング 2.プランニング 
3.アクション 4.レビュー

お客さま一人ひとりと目標を共有し、
ゴールへの最適な運用を行うために、

GRAN GOALは4つのプロセスから
構成・設計されています。

GRAN GOAL 4つのプロセス

1.Profiling [プロファイリング]

1.Profiling [プロファイリング]

お客さまと共に運用目的を設定
お客さまと共に運用目的を設定

アンケートを通じてお客さまのご要望や課題を理解し、
ゴール(目的)を設定。同時にゴールのイメージも共有

アンケートを通じてお客さまのご要望や課題を理解し、ゴール(目的)を設定。同時にゴールのイメージも共有

2.Planning [プランニング]

2.Planning [プランニング]

運用目的に適うポートフォリオの設計・ご提案
運用目的に適う
ポートフォリオの設計・ご提案

インタビューを通じて、お客さま一人一人にあった運用プランを設計・ご提案。
長期分散投資と豊富なオプション機能によりさまざまなニーズに対応。

インタビューを通じて、お客さま一人一人にあった運用プランを設計・ご提案。
長期分散投資と豊富なオプション機能によりさまざまなニーズに対応。

3.Action [アクション]

3.Action [アクション]

ご提案内容をもとに運用プランをご選択
ご提案内容をもとに
運用プランをご選択

お客さまが選択した運用プランをもとに、最適なポートフォリオを構築。
リバランスも含め運用はすべてプロにお任せ。
運用は当社リサーチ部門のレポートを参考に投資顧問部が担当。

お客さまが選択した運用プランをもとに、最適なポートフォリオを構築。
リバランスも含め運用はすべてプロにお任せ。
運用は当社リサーチ部門のレポートを参考に投資顧問部が担当。

4.Review [レビュー]

4.Review [レビュー]

運用成果の共有、お客さまの状況に応じて運用プランの見直し
運用成果の共有、
お客さまの状況に応じて
運用プランの見直し

四半期運用報告書と半年ごとのレビューを実施。
定期的な運用状況の確認とともにお客さまのニーズに応じた様々な要望にも対応。
日々の運用状況はインターネットから確認可能。

四半期運用報告書と半年ごとのレビューを実施。
定期的な運用状況の確認とともにお客さまのニーズに応じた様々な要望にも対応。
日々の運用状況はインターネットから確認可能。

運用にかかる費用・リスク

本サービスの運用にかかる費用について投資信託と比較してご説明します。

本サービスの運用にかかる費用について投資信託と比較してご説明します。

運用管理費用

投資対象とする国内公募投資信託について、当該投資信託の約款の定めにしたがい、お客さまの負担する費 用が発生します。詳細は各投資信託の目論見書等に記載されます。
運用管理費用(信託報酬)は上限0.6260% となります。(投資対象ETF の信託報酬等の費用が含まれます。 投資対象ETF の信託報酬等は今後変動もしくは変更されることがあります。)
運用管理費用の他に信託事務の諸費用(監査費用を含む)が各投資信託に一律、上限0.11%(年率・税込) かかります。また、別途、各投資信託が投資対象とする有価証券にかかる売買委託手数料や外国での保管費 用等の費用が発生しますが、これらの費用は運用状況等により変動するため、 事前に具体的な料率、金額を 示すことができません。

投資一任運用にかかる費用

本サービスの投資一任運用にかかる費用については「固定報酬型」「固定/変動報酬併用型」からお選びいただけます。

「固定報酬型」「固定/変動報酬併用型」のメリット・デメリット

報酬タイプ メリット デメリット
固定報酬型 費用を一定の割合に抑えることが可能です。 運用成果が上がらない場合でも一定の費用負担が生じます。
固定/変動報酬併用型 投資顧問料を低く抑えることができます。
費用負担は一定の範囲で成果に応じて決定されます。
運用成果が上がった場合には費用負担も増加します。

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。

GRAN GOALについては、最寄りの店舗まで問合わせください
GRAN GOALについては、最寄りの店舗まで問合わせください