ホーム > サービス > 相続のお手続き > 個別手続きの詳細 > STEP2 相続資産の残高確認と受取人確定

相続資産の残高確認と受取人確定 相続資産の残高確認と受取人確定

「残高証明書等発行依頼書(相続用)」を提出いただくと概ね1週間程度で「残高証明書関連書類」と「相続資産受取依頼書」が郵送されます。当該残高を元に分割協議または遺言書との過不足確認および相続申告を行います。(「相続資産受取依頼書」は 死亡届の提出の相続書類と一緒に提出していただきます。)

残高証明書関連書類は2種類の帳票が送付されます。各々の内容と利用用途は以下の通りです。

残高証明書 残高証明書

被相続人の死亡日基準で作成されています。記載される残高は金銭関連(円貨・外貨預り金、MRF)、保護預り有価証券、与信取引残高(信用、発行日、先物、オプション)となります。
遺言書がある場合は遺言内容との照合、分割協議を行う場合は当該残高を元に分割協議します。

相続参考価格のご案内 相続参考価格のご案内

相続税申告の参考として、残高証明書に記載されている残高の参考価格を記載しています。
相続税の申告は相続財産の価額から控除できる債務と葬式費用を差し引いた金額が、基礎控除額を超える場合に必要です。

基礎控除額=
3,000万円 +(600万円×法定相続人の数)

  • 注)なお、記載される参考価格はそのまま、相続税の計算に使えない場合もあります。
  • 注)またはお近くの税務署までお問合せください。