ホーム > 商品情報 > 株式 > ETF > ETFの特徴

ETF

ETFの特徴

価格の把握がしやすい

日経平均株価やTOPIX等は、普段私たちが新聞やテレビのニュースでよく目にすることが可能です。ETFの価格は、その日経平均株価やTOPIX等の指数との連動性が高いため、値動きや価格が比較的わかりやすいのが特徴です。

リアルタイムで売買が可能

通常の投資信託の場合、売買が行なえるのは金融商品取引市場が閉じた後、1日1回、しかも最終的にいくらで売買できるか分からないという不便さがあります。
しかし、ETFの場合、市場が開いている間、価格は刻々と変化している中、いつでも取引が可能なのです。そのため、売買できるチャンスも多く取引価格も明確というのが特徴です。
下記ページにて、より詳しい売買制度についてご案内しています。

分散投資効果によるリスクの低減

株価指数のETFについては、投資対象が株価指数を構成する多数の会社の株式なので、個別株式に投資することと比較して、リスク分散の効果が見込めるのが特徴です。

  • 注) 税金については、証券税制ページをご覧ください。

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。