ホーム > サービス情報 > 改正犯収法 > お取引時の確認の変更について(個人のお客さま)

お取引時の確認の変更について(個人のお客さま)

当社では、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(以下「同法」といいます)に基づき、口座開設等の際に、本人確認書類のご提出と、ご職業、取引を行う目的などの確認(「お取引時確認」といいます)をさせていただいておりますが、同法の改正により、平成28年10月1日から、以下の通り、お取り扱いが変更になりました。ご理解のうえ、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

主な変更点

○ 健康保険証等の顔写真がない本人確認書類のお取り扱いが変更になりました

お客さまの氏名・住所・生年月日を確認させていただく際に、健康保険証等の顔写真がない本人確認書類をご提出いただいた場合、他の本人確認書類のご提出等、追加のご対応をお願いさせていただきます。なお、「ダイレクト取引コース」で口座開設するお客さまは、顔写真の有無に関わらず2種類の本人確認書類のご提出をお願いします。

  • 注) 「ダイレクト取引コース」とは、オンライントレード・テレフォントレードを中心にご自身のペースでお取引いただくサービスです。
  本人確認書類 改正後
(平成28年10月1日以降)
顔写真がある
本人確認書類
  • 運転免許証、運転経歴証明書
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(通知カードは不可)
  • 在留カード、特別永住者証明書 等
原本を提示*1
顔写真がない
本人確認書類
  • 各種健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 共済組合の組合員証、加入者証
  • 母子健康手帳
  • 児童扶養手当証書
  • 住民票の写しまたは住民票記載事項証明書*2 等
(1) 原本を提示*1

(2) 他の本人確認書類の
原本を提示*1

または
(3) 原本記載の住所に転送不要の書留等郵便を送付*3
  • *1 本人確認書類のコピーを郵送でお送り頂いた場合、原本記載の住所に転送不要の書留等郵便で送付いたします。
  • *2 6ヵ月以内に作成されたものに限ります。
  • *3 個人番号の告知を伴うお手続きを兼ねる場合は、(1)+(3)のお手続きではなく、(1)+(2)のお手続が必要になります。

「お取引時確認」について

■「お取引時確認」が必要となるとき
○ 口座開設時
○ 住所・氏名変更等、口座開設時に確認した内容に変更がある場合
  • 注) 「お取引時確認」ができない場合、お取引をお断りすることがあります。
  • 注) 上記のお取引以外でも「お取引時確認」をさせていただく場合があります。また、場合によっては、通常と異なる確認をお願いすることがあります。
  • 注) 特定の国に居住・所在している方、外国政府等において重要な公的地位にある方とのお取引の際には、通常と異なる確認をお願いするほか、資産・収入の状況を確認させていただくことがあります。
■「お取引時確認」の確認事項および確認書類
確認事項 確認書類
氏名・住所・生年月日
  • 運転免許証(現在の住所が裏面に記載されている場合は両面)
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード(通知カードは不可)
  • 在留カード、特別永住者証明書 等
  • 各種健康保険証(現住所の記載のあるもの)
  • 国民年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 住民票の写しまたは住民票記載事項証明書*4 等
職業、取引を行う目的 口座開設申込書等で確認させていただきます。
  • *4 6ヵ月以内に作成されたものに限ります。
<ご留意事項>
店頭または弊社の担当者に
直接ご提出される場合
弊社に郵送される場合
原本をご提出ください。 コピーをご提出ください。
(「お名前・現住所・生年月日」が記載された箇所)
  • 注) 原本をご提出いただいた際はコピーをさせていただきますのでご了承ください。
  • 注) 本籍地などの機微情報は黒塗りのうえご提出ください。黒塗りなくご提出いただいた場合、弊社にて黒塗りさせていただきますのでご了承ください。同様に国民年金番号も黒塗りの上ご提出ください。
  • 注) 健康保険証等の顔写真がない本人確認書類をご提示いただいた場合は追加の確認をさせていただきます。
  • 注) 原本を直接ご提出いただく場合以外は、後日弊社より原本記載の住所に転送不要の書留等郵便で送付いたします。

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。