ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > BPS/1株当たり純資産

用語解説

BPS/1株当たり純資産

英語の「Book-value Per Share」の頭文字を取った略称で、1株当たりの純資産のこと。純資産を発行済株式数で割って算出され、BPSが高いほど企業の安定性も高いと評価される。株価水準を測るモノサシであるPBR(株価純資産倍率)は株価をBPSで割ったもので、一般に数値が高いほど割高、低いほど割安と判断される。

株式 指標・指数

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。