ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > 始値

用語解説

始値(はじめね)

ある期間の取引において、最初に成立した売買価格のこと。期間が1日の場合、寄付(よりつき)とも言う。これに対し、その日最後に成立した売買価格は終値(おわりね)。また、1日の取引で最も高かった価格を高値(たかね)、最も安かった価格を安値(やすね)と言う。

株式

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。