ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > 売買単位

用語解説

売買単位

証券取引所で売買する時の最低株数のこと。単元とも言い、通常はこの整数倍で取引を行う。国内株式の売買単位は、以前は1株、100株、1,000株などと銘柄により異なっていたが、2018年10月1日から100株に統一。2007年11月時点で8種類あった売買単位は、現在1種類となっている。

株式 制度

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。