ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > 検認

用語解説

検認

相続人に対し遺言の存在、内容を知らせるとともに、遺言書の内容を明確にして偽造や変造が行われないようにするため、家庭裁判所によって行われる手続きのこと。自筆証書遺言は、遺言者の死亡を知った後、速やかに家庭裁判所に遺言書を提出し、検認を請求する必要がある。なお、2020年7月10日より法務局で自筆証書遺言を保管する制度が開始し、この保管制度を利用した自筆証書遺言は検認手続きが不要となる。

相続

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。