用語解説

目論見書(もくろみしょ)

有価証券の募集または売出にあたり、投資家に交付する文書で、投資判断の基準となる情報を提供することが目的である。当該有価証券の発行者や有価証券の内容などを説明した資料で、投資信託の目論見書では、ファンドの仕組み、運用方針、特徴、運用体制、手数料などが記載されている。

  • 株式
  • 投資信託
  • 債券

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。

投資に係るリスクおよび手数料等