ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > 普通分配金

用語解説

普通分配金

投資信託分配金のうち、個別元本を上回る部分から支払われた分配金のこと。例えば、個別元本が1万500円、決算時の基準価額が1万1,000円で、その中から分配金1,000円が支払われた場合、個別元本を上回る500円部分が普通分配金に相当する。ファンドの収益の還元に当たり、課税対象となる。

投資信託

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。