ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > 個別元本

用語解説

個別元本

追加型投資信託における各投資家の取得元本のことで、換金時や収益分配時の課税における税法上の元本となる。当初の個別元本は、投資信託を購入した際の基準価額だが、追加購入した際は加重平均して再計算、元本払戻金(特別分配金)が支払われた際は、その分を控除した額が新たな個別元本となる。

投資信託

用語の意味はこちら

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。