ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > 一般口座

用語解説

一般口座(いっぱんこうざ)

証券会社で取引する際、開設する口座の1つで、譲渡損益(売却損益)、利子や配当などの計算や取得費の管理、納税手続きを全て投資家自身が行う口座のこと。一般口座で管理している上場株式等で譲渡益が出た場合は、原則として確定申告が必要となる。一方、特定口座では、上場株式等の取引にかかる譲渡損益などの計算や取得費の管理は、取引金融機関が行い、源泉徴収ありの特定口座では原則として確定申告も不要となる。

株式 投資信託 債券 制度

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。