ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > 配当控除

用語解説

配当控除(はいとうこうじょ)

国内上場株式の配当金や一部の国内公募株式投資信託の分配金(配当所得)について、総合課税を選択して確定申告をした場合に適用される税額控除。所得税と住民税の税額を一定金額差し引くことができる。なお、総合課税を選択した配当所得は、上場株式等の譲渡損失との損益通算はできない。配当金は申告分離課税を選択することもできるが、申告分離課税を選択した場合は配当控除の適用はない。総合課税と申告分離課税、どちら有利になるかは、居住者等の所得水準や上場株式等の損益状況等により異なる。

株式

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。