ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > 申告分離課税

用語解説

申告分離課税(しんこくぶんりかぜい)

所得税の課税方式の1つで、他の所得と合算せず分離(区別)して税額を計算し、申告・納税する制度。2016年1月以降は金融所得課税の一体化に伴い、上場株式等の譲渡所得等、特定公社債等の利子所得、一般株式等の譲渡所得等が申告分離課税になった。上場株式等の配当は、総合課税と申告分離課税の選択が可能。

株式 投資信託 債券 制度

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。