ホーム > 投資をまなぶ > 用語解説 > 額面金額

用語解説

額面金額

債券の券面に記載される金額のことで、売買する際の最低単位のことをいう。しかし、債券は必ずしも額面金額で発行されるわけではなく、購入の際は額面金額の100円当りで表示される発行価格が用いられる。100円未満(アンダー・パー)で購入した場合は償還時に償還差益が発生し、100円超(オーバー・パー)で購入した場合は償還差損が発生する。

債券

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。