ホーム > 投資がはじめての方へ > 用語解説 > 特定公社債

用語解説

特定公社債

国債、地方債、外国国債、公募公社債など、同一の課税方式が適用される税法上の債券区分のこと。2016年1月より、特定公社債の利子および譲渡益、償還差益は20.315%の申告分離課税となり、上場株式等として損益通算や損失の繰越控除、特定口座での取扱いが可能となった。

債券 制度

用語の意味はこちら

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。