ホーム > 投資がはじめての方へ > 投資をはじめてみよう > 株式投資のはじめ方 > 新規公開株式(IPO)/公募・売出(PO)のご案内

新規公開株式(IPO)/公募・売出(PO)のご案内

IPO・POとは

新規公開株式(IPO)とはInitial Public Offeringの略で、未上場の企業が新たに証券取引所に株式を上場させ、株式を一般投資家に販売することを言います。IPOにより企業は不特定多数の一般投資家から広く資金調達をすることができるほか、知名度の向上や社会的信用の増大などのメリットがあります。公募・売出(PO)とはPublic Offeringの略で、既上場企業が、新たに発行する株式(募集)や既に発行された株式(売出し)を投資家に販売することをいいます。

魅力

投資した会社の成長への期待

IPO/POを行う企業には、新興企業など、今後大きな成長が期待される企業も存在します。その反面、新興企業は事業がうまくいかずに倒産してしまうというリスクも大きくなりますので、注意が必要です。

購入時手数料が無料

IPO/PO株を募集等にて購入する際は、購入対価のみお支払いいただきます。

「売却益」への期待

募集・売出価格より上場後の株価が値上がりした場合の売却益が期待できます。ただし、上場後の株価は変動が大きくなることが多く、株価が値崩れする可能性もありますので、注意が必要です。

既上場企業の株式を
ディスカウントで購入可能

POでは市場価格(条件決定日の終値)よりディスカウント(割引)が適用された価格で株式を購入することができます。

お取扱い銘柄

新規公開株式 (IPO)
公募・売出 (PO)

ご購入までの流れ

用語解説はこちら

銘柄情報の確認 購入希望のお申出 募集・売出価格決定 購入手続き

IPO/POの注意点

IPO/POの注意点として「応募できる証券会社に限りがあること」
PO特有の注意点として「取得・売却時のタイムラグ」が挙げられます。

IPO/POを取り扱う証券会社は限られています。IPO/POに応募したい場合は取り扱いのある証券会社かどうか確認が必要です。また、POで株式を取得して株を売却できるようになるまでは数日間かかります。このタイムラグの間に株価が下がってしまうこともあるので注意が必要です。

PO・IPOの主な用語解説

  • ブックビルディング方式
    募集・売出価格の決定方法。証券投資への専門性の高い機関投資家等からの意見をもとに仮条件(価格帯)を設定、投資家に提示します。その提示された仮条件の範囲内で「いくらで何株買いたいか」という投資家の需要をもとに価格決定を行う方式です。仮条件の上限価格で決定されるケースが多くなっています。
  • 募集・売出し
    募集とは、新しく発行する株式を広く一般投資家に販売することで資金調達を行うこと。一方売出しは、創業者等の大株主などが、既に発行された株式を投資家に販売することを言います。売出しの場合、新しく株式を発行しないため、募集時のように資金調達ができるわけではありません。
  • オーバーアロットメント
    当初予定した募集・売出株数を超える需要があった場合、主幹事証券会社が発行会社の株主から一時的に株式を借り、同条件で追加的に投資家に販売を行うことを言います。
  • 仮条件
    ブックビルディングが行われる際に提示される価格帯。
  • 募集・売出価格
    募集または売出しの際に投資家が払い込む一株当たりの金額を言います。
  • 初値
    新規上場した銘柄が、取引所で初めて取引された値段のこと。

有価証券投資のリスクおよび手数料等について

有価証券投資にあたっては、さまざまなリスクがあるほか、手数料等の費用がかかる場合がありますのでご注意ください。