快適な職場環境は、社員の安全と健康を守り、効率の良い作業による生産性の向上に繋がります。また、健全で働きやすい職場には、風通しの良いコミュニケーションが不可欠ですし、「企業のビジョン・期待」「キャリア目標」「個人尊重・育成」などもそれぞれ関係しあいながら仕事の面白さとつながっていると考えられます。こうしたことから、当社では働きやすい職場環境の整備に努めています。

社員のエンゲージメント

社員のエンゲージメントは仕事の充実に反映され、お客さま満足の向上や地域や社会への貢献につながると考えられています。

従業員満足 (ES:Employee Satisfaction)

社員の仕事に対する意欲、職場でのコミュニケーション、上司への満足度等の状況を把握し、改善策を講じることで、より良い企業風土をつくることを目的に、エンゲージメント・サーベイを2010年から毎年行っています。調査結果を参考にして、「誠実・公正」「お客さまの利益最優先」の意識を根付かせていく研修や、組織活性化の施策などを展開しています。また、社員が意見・要望をメールで投稿できる「オピニオンBOX」を開設、運営しています。

ダイバーシティの取り組み

ダイバーシティとは、性別・年齢・障がいの有無・国籍等の外見的属性と、個々人のライフスタイル・キャリア等の内面的属性の両面を含む多様性を受入れ、積極的に活用することです。

当社は、「多種多様な社員一人ひとりが活き活きと輝く職場づくり」「中長期的なキャリア形成につながるワークライフバランスの実現」を目指しています。個人も会社も進化しつづけるためにダイバーシティ推進に積極的に取組みます。

特に女性活躍推進とワークライフバランスを重要課題と考え、女性が能力を最大限発揮できるよう「女性社員の計画的な育成」と「社内風土の醸成」に重点を置き、また、ワークライフバランスに関しては「両立支援制度の高度化」や「仕事の効率化を高めるための意識改革」に重点を置いた活動を展開しています。

社内啓蒙

  • ・全役職員を対象とする人事基礎研修(eラーニング)にてダイバーシティ研修を実施
  • ・社内報による啓蒙
  • ・専門誌「evolution」年2回発行
社内啓蒙
社内啓蒙

女性活躍推進

■女性社員のキャリア形成支援

  • ・若手女性社員向けキャリア形成セミナーの実施
  • ・女性管理職候補者への研修およびロールモデルとの交流会の開催
  • ・マネジメント層の意識改革研修実施
  • ・社内報、専門誌「evolution」にて活躍する女性社員の紹介
女性活躍推進

ワークライフバランスの推進

■両立(育児)支援制度

男女ともに仕事と育児の両立に向けた多様な制度を用意しています。ライフイベントによる環境の変化が、より仕事へのモチベーションアップにつながるよう、働きやすい環境づくりに力を注いでいます。

両立(育児)支援制度
「プラチナくるみん」認定取得

■「プラチナくるみん」認定取得

当社は、社員が仕事と家庭の両立を図りながら、働きやすい環境づくりに取組んできました。
その成果が認められ、当社は2019年10月17日付で厚生労働省より「プラチナくるみんマーク」(基準適合認定一般事業主認定)を取得しています。
プラチナくるみんとは、次世代育成支援対策推進法に基づき、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を 受けた企業の中でも、高い水準の取組を行った企業が特例認定(プラチナくるみん認定)を受けることができるものです。

■増加傾向にある育児休業取得者数

増加傾向にある育児休業取得者数

■育児休業中の社員向けセミナーを開催

育児休業中の社員向けに「復職への準備と不安解消」「ワーキングマザー同士のネットワーク構築」をテーマとした「復職セミナー」を毎年開催しています。

育児休業中の社員向けセミナーを開催
育児休業中の社員向けセミナーを開催

健康経営への取り組み

健康経営宣言

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、お客さま、そして社会にとってより良い明日の実現に向けた不断の挑戦を続ける決意のもと、スローガンとして『Challenge For Better Tomorrow』を掲げ、社員一人ひとりがプロとしての専門性を磨き、変革へのチャレンジを続けています。
その実現のためには、社員一人ひとりが心身ともに健康で幸せであることが何よりも大切であり、様々な取り組みを通じて「健康経営」を実践し、 『社員を幸せにする会社』を実現して参ります。

2022年10月12日
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
取締役社長 兼 CEO 小林 真

推進体制

推進責任者の人事統括役員の指揮の下、人事部健康推進室が推進主体となり、産業医・保健スタッフ(産業医・保健師・看護師)、健康保険組合と緊密な連携をとりながら、様々な施策に取り組んでいます。

※推進体制PDF

健康推進室の取り組み

■健康診断の実施
定期健診(がん検診含む)の100%実施を前提に、ハイリスクアプローチ、啓発活動をしています。
■健康増進
定期的な健康推進室だよりの発行、健康セミナー・イベントの開催、ヒーリングCDレンタル、本社ビルにマッサージ室を設置しています。
■メンタルヘルス対策
ストレスチェックの実施、セルフケア・ラインケアweb研修、新入社員や管理職向け研修等を実施しています。
また、臨床心理士による社内カウンセリングも実施しています。
■復職支援
体調を崩した社員が復職する際の産業医面談や復職プログラムに基づいたサポート等を実施しています。
■こころとからだの相談・カウンセリング
社内健康相談窓口を設け、専門職が社員や管理監督者からの相談を受けています。
■過重労働対策
働き方改革の方針に則り、当社の基準で産業医面談を実施しています。
■衛生委員会
生活習慣病、過重労働、メンタルヘルス、受動喫煙対策、感染症等の対策や季節テーマ等を題材に健康教育の実施、職場に関する討議をしています。
■職場環境
産業医職場巡視、常備薬の設置、救急時の対応フローの周知、AED訓練の開催やAED訓練デモ機の貸し出しをしています。