国内営業部門 投資銀行部門 市場商品部門 リサーチ部門 システム部門 リスク管理部門

INDEX

教育・研修制度 キャリア座談会 対談 インストラクター × 新入社員

インクルージョン&ダイバーシティ

募集要項
CLOSE

member

水田 昌平 水田 昌平
社員紹介

信頼がお客さまを動かし、自分を成長させてくれる。この仕事にしかない価値がある。

国内営業部門 WMM本部
営業部 課長
2007年 経済学部卒

水田 昌平

  • 15年目〜
  • #マネージャー
  • #営業

お客さまとの信頼関係が結果につながる、 営業だからこそのおもしろさ。

私は国内営業担当として、未上場法人や経営者などの富裕層と呼ばれるお客さまを対象に、資産運用のアドバイスや、株式・債券などの商品提案を行っています。お客さまの多くは、企業の先頭に立ち、リスクを背負って厳しい競争を生き抜いてきた方々。誰もが豊かな個性と魅力を持っています。そうした人と、努力次第で深い信頼関係を築けることは営業の醍醐味。二十代や三十代でこうした方々との折衝は難易度が高いものの、自分の提案がお客さまの利益につながり、「君のおかげで上手くいった。ありがとう」と感謝してもらえると、その喜びもひとしおです。証券営業の仕事はロボットには担えない領域。私たちにはお客さまの企業の中で起こっている大きな情報を、スピーディーかつ正確に収集し提供すること、そして、多様なニーズに応えられる総合的な金融サービス・ソリューションの提供が求められているのです。

member08-02

信頼を勝ち取ることこそ、 営業のすべて。

私たちの扱う商品は、ときに数百万円から数千万円、さらには億単位の資金を動かすもの。信頼関係があってこそ受け入れていただける提案です。それを痛感したのは、入社初期の頃。上司から「行ってみろ」と言われた営業先のひとつは東証一部上場企業の子会社で、親会社は他証券の主幹事先。門前払いが続き、内心諦めかけましたが、上司の「どうした?諦めるのか?」という言葉を受け、何十回と通い続けたある日。「20分しかないが、それで良ければ社長が会うと言っている」と念願のチャンスが。社長室に入ると「ずいぶん熱心に通ってくれていたらしいね。しかし時間がない。要件を手短に頼む」と。私は最新の商品のご案内をして、約束の20分で引き上げ、その数日後。社長から私に直接電話が入り、「例の件、親会社に掛け合ってきたよ。口座を開こう」という言葉が。私は走るようにして上司に報告し、一緒に社長のもとに向かいました。入社して初の億単位の取引。努力は報われる、月並みですが、それが実感だったのを覚えています。営業に絶対はない。どんな相手先でも相手を想い、心を動かすことができれば必ず良い結果が出る。信頼を勝ち取ることこそ、営業の最も大事な仕事なのだと学びました。

member08-03

未来に向けて、 私はもっと成長していけると思う。

当社は「強い」です。入社10年目以下が多く、若い。モルガン・スタンレーとのジョイントベンチャーによって、海外、特に欧米市場の商品や情報のラインアップは極めて豊富で、顧客基盤が大きい。大型の新規上場案件の引受シェアが高く、提案できる商品を豊富に持っている。だからこそ、お客さまに良い情報を届けることができるのだと確信しています。今後、会社の発展に必須なのは、若手の活躍。私はその世代を引っ張る存在になりたいです。金融の仕事は多岐にわたるため、より幅広い知識が求められます。チームを育てていくために、より一層マネジメントの力をつけなければならない。そして、お客さまに信頼されるため、ライバルに勝つため、どう行動したら良いかを自分でしっかり考え実行することが求められます。今まで辛い時をたくさん経験してきましたが、「営業はおもしろい」と、今はそう言えます。だから、私はもっと成長していける。そう思います。