国内営業部門 投資銀行部門 市場商品部門 リサーチ部門 システム部門 リスク管理部門

INDEX

教育・研修制度 キャリア座談会 対談 インストラクター × 新入社員

インクルージョン&ダイバーシティ

募集要項
CLOSE

BUSINESS

投資銀行部門

投資銀行部門

〈イメージ図〉

グローバルに評価され、信頼される投資銀行として。

グローバルに評価され、信頼される投資銀行として。

投資銀行部門では、株式および債券の引受、企業の合併・買収、新規公開(IPO)に関わるアドバイザリー、不動産証券化といった業務を中心に、産業別に蓄積する豊富なノウハウと高い実績をベースに、国内外のトップ企業に対して革新的な金融ソリューションを提供する体制を確立しています。
 
企業活動のグローバル化を背景にお客さまの経営課題は多様化し、投資銀行業務にはクオリティとネットワークの両面でグローバル対応が求められています。三菱UFJフィナンシャル・グループならびにモルガン・スタンレーの広範なネットワークを最大限に活用することで、戦略的かつ質の高いアドバイスや資金調達方法を提案し、最も信頼いただけるパートナーとして、お客さまの長期的な事業目標の達成をサポートしています。

カバレッジ業務
カバレッジ業務
お客さまの事業戦略や資本戦略における課題解決に向け、産業別の深い知見や豊富なノウハウを持つカバレッジバンカーが、高度なアドバイスやソリューションを提供します。M&Aや資金調達などの専門部署との協働により、お客さまの長期的な企業価値向上をサポートしていきます。
債券引受業務
債券引受業務
事業法人、財投機関、地方公共団体、海外発行体等に対し、主に円債による資金調達に関わるソリューションを提供しています。具体的には、お客さまに対する多様な情報提供、起債提案やデットIRサポート等オリジネーション業務全般を担い、案件遂行時には、国内外の市場動向や発行体の信用力に関する情報等を元に、常に発行体と投資家の両者が納得する適正な発行条件を追求していきます。当社は豊富なディール経験を基に、国内においてトップクラスの主幹事実績を保有し、圧倒的なマーケットプレゼンスを築いています。
株式引受業務
株式引受業務
上場企業に対して、公募増資、売出し、転換社債発行といったエクイティ(資本)性資金の調達に係る提案やアドバイスを実施しています。また、案件執行時においては、各種ドキュメンテーションや事務手続きから、投資家ロードショーのアレンジ、ブックビルディング(需要の積み上げ)、プライシングに至るまで、一連のプロセスを主導します。更に、株式の発行市場と流通市場を繋ぐ役割として、国内外の市場動向や投資家動向に関する情報提供も行っています。
新規公開(IPO)アドバイザリー業務
新規公開(IPO)アドバイザリー業務
上場を目指す企業に対し、上場会社として相応しい組織的経営の導入、内部管理体制や適時開示体制等の整備に関するアドバイスを提供するほか、証券会社や取引所が実施する上場審査、上場前・上場時の資本政策をサポートしています。また、上場時ファイナンスを成功裡に導くために、会社経営陣を全面的に支援する等、株式上場の入り口から出口まで一気通貫で対応しています。
不動産証券化・ファイナンス業務
不動産証券化・ファイナンス業務
不動産の証券化、私募ファンドの組成、REIT(不動産投資信託)の組成・引受等の不動産証券化関連業務を幅広く手がけ、上場・非上場問わず様々な業種の企業に対して、不動産を活用した資金調達のアドバイスを提供しています。
M&Aアドバイザリー業務
M&Aアドバイザリー業務
国内外を問わず、様々なM&A(企業の合併・買収、売却、経営統合、MBO、事業再編)案件におけるアドバイザーとして、優れたアドバイスとエグゼキューション・サービスを提供しています。豊富な経験に基づく高度なノウハウ、グローバルなネットワークを駆使した総合的なアプローチで、日本を代表するリーディングカンパニーによる業界再編や大型クロスボーダー案件等を数多く手がけ、日本企業関連のリーグテーブルで継続的にトップクラスの実績を残しています。

2021年4月-9月

[ 債券(国内債+外債)総合シェア※1、2

順位 証券会社 シェア(%)
1 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 16.7
2 みずほ証券 15.9
3 野村證券 14.9
4 大和証券 13.5
5 SMBC日興証券 11.9
6 JPモルガン証券 4.5
7 ゴールドマン・サックス証券 4.3
8 BofA証券 3.7
9 シティグループ証券 3.5
10 バークレイズ証券 2.5

[ 国内外エクイティ総合シェア※2

順位 証券会社 シェア(%)
1 野村 19.9
2 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 18.4
3 大和証券グループ本社 12.3
4 BofA証券 11.6
5 みずほフィナンシャルグループ 11.0
6 三井住友フィナンシャルグループ 10.5
7 ゴールドマン・サックス 8.6
8 JPモルガン 4.4
9 SBIホールディングス 1.0
10 UBS 0.8

[ M&Aアドバイザリー(取引金額ベース)※3

順位 アドバイザー 取引金額(十億円)
1 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 4,508
2 ゴールドマン・サックス 3,893
3 BofAセキュリティーズ 3,324
4 JPモルガン 1,703
5 野村 1,503
6 シティ 1,470
7 三井住友フィナンシャルグループ 1,006
8 みずほフィナンシャルグループ 985
9 Jefferies LLC 886
10 クレディ・スイス 777

※1:出所:国内債はREFINITIV及び同社提供のDealWatchDBより三菱UFJモルガン・スタンレー証券作成。普通社債、財投機関債等(高速道路債を含む)、地方債等の国内債主幹事リーグテーブルを集計外債は企業開示情報、Dealogic、Bloomberg、IFR、Informaのデータを基にモルガン・スタンレーMUFG証券作成

※2:出所:REFINITIVより三菱UFJモルガン・スタンレー証券作成
三菱UFJモルガン・スタンレー証券には、日本企業による国内市場での株式引受案件におけるモルガン・スタンレーMUFG証券の引受分、日本企業による海外市場での株式引受案件におけるモルガン・スタンレーの引受分を含む

※3:出所:REFINITIVより三菱UFJモルガン・スタンレー証券作成
日本企業が関わる公表案件(含、不動産取得案件)。三菱UFJモルガン・スタンレー証券にはモルガン・スタンレーがアドバイザーとなった案件も含む