国内営業部門 投資銀行部門 市場商品部門 リサーチ部門 システム部門 リスク管理部門

INDEX

教育・研修制度 キャリア座談会 対談 インストラクター × 新入社員

インクルージョン&ダイバーシティ

募集要項
CLOSE

member

川原 拓士 川原 拓士
社員紹介

米国株式市場の質の高い情報を早く、正確に提供する。

リサーチ部門 リサーチ部
グローバル投資戦略課 副参事
2011年 経済学部卒
2021年
経営管理研究科(ファイナンス専修)
修正課程修了

川原 拓士

  • 10年目〜
  • #リサーチ
  • #高度な分析
  • #公募制度活用

質を落とさず、わかりやすく 「?」を「!」に変える。

現在はリサーチ部グローバル投資戦略課でグローバル投資戦略レポートの作成に携わっています。この中で私は米国株式市場の調査・分析を担当し、レポート発行を通じて投資環境に関する情報や投資アイデアの提供を行っています。日々の業務で意識しているのは、相手の「?」を「!」に変えることです。お客様は経済や金融市場の動きを眺めながら多くの疑問「?」を持たれます。我々の仕事で重要なのは、単にその疑問に回答するだけでなく、「なるほど!」と感動に近い納得感を得てもらうことだと考えています。そのために必要なのは、背景にあるストーリーや数字的根拠など情報の質を保ちながら、丁寧にわかりやすく伝えることです。どれだけ価値ある分析を行っても、伝わらなければ行動を促せないからです。資産運用や投資戦略に役立つ納得感のある情報を提供し、お客様の「!」を増やしていくことが私の目標です。

member14-02

近道はない。ゴールもない。 自己研鑽を続けること。

2020年は世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、金融市場は大きく揺れ動きました。このような経済・金融市場に大きなインパクトを与える事象が発生したとき、迅速に有益な情報を提供することも我々の大きな役割の一つです。提供する情報は当然、正確性を欠いてはいけませんが、鮮度も重要です。よりはやく、よりわかりやすく伝える能力が求められますが、そこに近道はなく、知識の集積にゴールはありません。私自身、これからも新たな発見を楽しみながら自己研鑽を続け、成長への意欲を失わずにいたいと考えています。

member14-03

次の挑戦に踏み出し続けたい。 あのレジェンドのように。

学生時代にサッカーをしていたこともあり、サッカー界のレジェンド、三浦和良選手に憧れと尊敬の念を抱いています。彼が今なお現役を続ける原動力は「もっとうまくなりたい」という思いだそうです。その言葉は非常にシンプルでありながら、何より力強く感じます。私自身も、経済・金融市場を「もっと知りたい、理解したい」という思いから、働きながら夜間に大学院でファイナンスを学ぶというチャレンジをしました。この先もずっと初心を忘れず、次の挑戦に踏み出し続けたいと思います。